アロマテラピーとは

植物の”アロマ”が心と身体を癒やし、内面から活性化する。

<自然療法>
 自然療法とは、生体が持っている自然治癒力と免疫力を用いて、心身のケアに対処する療法です。
自らの力で悪いものを排泄したり、あるいは治癒する能力を高めていきます。この療法を最大限に 活かすために必要になってくるのが、癒しの力。なぜなら、心や体のすべてが安定し、調和を図ろ うとしたときに、人間は本来持っている自らの力を発揮することができるからです。

<アロマテラピーとは>
 アロマテラピーはこの自然療法の一つ「芳香療法」で、植物から抽出した芳香成分である天然100% の精油(エッセンシャルオイル)を使用し、心と体のバランスを取り戻していきます。
 たとえば、植物の自然の香りを嗅ぐことで心身のリラクゼーションをもたらしたり、精油を希釈 してマッサージに使用することで、体の内面的な活性を図るのが特徴です。中心となる精油の効果 には、優れた抗菌・殺菌作用、整体リズムの調整、心理・生理作用、免疫力調整作用などがあり、 子どもへの有効性もたくさん認められています。


<植物成分が不調を救う>
アロマテラピーで使われる精油は、花、木、葉、果実、樹脂など植物のあらゆる部位から抽出されま す。最も一般的な抽出方法は水蒸気蒸留です。手順としては、まず、植物を大きな容器に入れて下から 蒸気をあてます。熱と圧力により、植物から出たオイル成分を含んだ蒸気を冷却して液体に戻し、最後 に水分と分離した精油のみを採取します。
 精油を構成する化学成分は植物により一つ一つ異なり、それぞれに特有の治癒効果を持ちます。例え ば、カモミールやラベンダーなどのオイルに多く含まれるエステル類は、抗炎症、抗真菌、傷薬作用に 優れ、心に対しては鎮静剤として働きます。また、クローブやセージなどのオイルに多量に含まれる フェノール類には強力な抗生物質作用があり、精神に対しては刺激を当てます。アロマテラピーはこう した特性を利用して、実にさまざまな心身の不調をケアすることができるのです。

cosumei.jpg<肌からからだ、鼻から心に働く>
 精油をからだに取り入れる方法は二通り。肌に塗布する方法と、鼻や口から吸い込む方法です。肌に つけるときは、ホホバオイルなどのキャリアオイルで薄めてからすり込みます。基本的には油類もしく はアルコール類とは混ざり合うので、クリーム、軟膏、ウォッカ、牛乳なども希釈剤になるでしょう。
マッサージや入浴時には、精油の成分は肌を通って血流に吸収され、全身にいきわたり、脳を含むさま ざまな器官に影響を与えると考えられています。同時に、熱で揮発した成分を鼻や口から吸い込むこと にもなります。
 蒸気として吸入する場合は、数滴の精油をアロマポットや加湿器にたらすか、お湯を張った洗面器に 入れて頭と洗面器をタオルでおおうかします。コットンやティッシュに数滴たらして香りをかいでもいい でしょう。精油を吸入すると、香りの分子が鼻蓋にある嗅覚受容器に運ばれ、脳のにおいに関連する部位 につながっていきます。そのため、においに反応して脳から神経伝達物質が分泌されて、神経系が鎮静化 したり 刺激されたりするのです。


<アロマテラピーの利点>
 精油が特定の症状や精神状態の改善に役立つことは、臨床的にも認められています。例としては、 過敏性腸症候群、気管支炎、不眠、うつ病、不安症、などがあげられます。また、自然界の抗生物質と 言われるティートリーが、従来の抗生物質に耐性を持つある種の細菌に対して有効であるという研究結果 も報告されています。
 今日では、日本でもホスピスをはじめ、産科・婦人科、整形外科、心療内科、歯科などさまざまな医療 現場でアロマテラピーが利用され、患者の緊張をほぐしてリラックスさせたり、眠りに導いたり、痛みや 炎症を和らげるのに役立っています。
 「精油は、特にマッサージと併用すると、患者の健康や幸福感に絶大な効果を及ぼします」と語る マッサージ師でアロマセラピストのクレア・マクスウェル・ハドソンは、タッチセラピーの効果を次のよ うに力説します。「オイルの治癒作用に加え、マッサージをするとき、体に触れるという行為そのものに、 患者は励まされ、癒されるのです。
 リラックスして、物事を前向きに考え、自分に満足していれば、からだの免疫機能が高まり病気への 抵抗力が増すことは、多くの研究で証明されています。アロマテラピーには、まさにその力が備わって いるのです。

<主な精油と作用>

イランイラン
緊張や不安から開放されたいときに。気分を高揚させ、楽天的にする作用があります。
オレンジ
緊張やストレスをほぐし、気分を明るくします。神経質になっているときに。
カモマイル
神経過敏なとき、気分を安定させます。
クラリセージ
温かみのある気持ちを目覚めさせ、精神的な疲れを癒します。
グレープフルーツ
幸せな気分になりたいときに。穏やかな興奮剤として使われています。
サンダルウッド
気分を鎮め、穏やかな眠りを誘います。緊張をやわらげたいときに。
サイプレス
興奮をおさえ、悲しみをやわらげたいときに。
ジュニパー
気分をリフレッシュさせます。空気の清浄に。
ジャスミン
物憂げな気分をやわらげ、心配事から開放されたいときに。
ゼラニウム
憂鬱な気分から開放します。
ティートゥリー
免疫力を強化します。ニキビ肌に。
ネロリ
精神作用があり、心配事、ヒステリー、ショック、不眠などに。
パルマローザ
バラに似た甘くドライな香り。気分を明るくさせます。美肌に。
フランキンセンス
気分を高揚させ、集中力を高めます。
ペパーミント
頭をリフレッシュして、記憶力や集中力を高めます。
ベルガモット
心身をリフレッシュさせ、さわやかな気分にします。
マジョラム
興奮をおさえ、落ち着きを与えます。心配事があって眠れないときに。
ユーカリ
気分をリフレッシュさせ、集中力を高めます。
ラベンダー
ストレスの多い方に。心身両方の疲れを癒しリラックスさせます。
レモン
気分をリフレッシュし、頭をスッキリさせます。
レモングラス
エネルギーを与え、気分をリフレッシュさせます。
ローズマリー
頭をスッキリさせます。スキンケア、ヘアケアに。気分を高揚させます。
ローズウッド
冴え過ぎた神経を安定させ、精神的な疲れを取りたいときに。
ローズ
幸福感を与え、ゴージャスなムードを高めます。

seiyu_big.jpg
精油もリニューアルして販売開始です。
詳しくはコチラLinkIcon